【コラム】尊い仕事(MOTHERHOUSE代表 山口さんの講演)



先日、日常的に愛用しているブランド、

MOTHERHOUSEの代表 山口さんの講演会に行きました。 小柄で可愛らしい佇まいから放たれるそのオーラは強烈で、 一瞬にして会場の空気をガラリと変えたんです。

たくさんの困難と闘ってきたことが一言一言から滲みでて、

魂のこもった言葉がぎゅんぎゅんと突き刺さるんです。


なぜ彼女は、こんなにもすごいことを

成し遂げられたのだろう。


それは彼女の原体験に尽きるのだと思います。

ご存知の方もいると思いますが、

小学生の頃ひどいいじめに遭っていたつらい過去があるからこそ、

本来あるべき’ 教育 'の姿を、

彼女はブランドを育てて行く過程で

追求したかったのではないだろうか。 ’ 途上国から世界に通用するブランドをつくる'

つまりは、

'それを成し遂げられるような職人を育成する'

今やMOTHERHOUSEの職人=憧れのステータス。

この新しい構造を築き上げたことは、

良い意味で途上国のあり方を大きく揺さぶっていると思う。


そんな一流の職人が生み出すMOTHERHOUSEの商品は、

手で紡ぎ出された魂の結集と言えるだろう。

単なるモノの価値を超えて、職人の息吹そのものである。


そして、それを買って使う者もまた、

異国で紡ぎ出されたプライドを纏える喜びを味わえるのだ。


一流のモノとの出会いは、一流のヒトとの出会いにもなる。

なんて尊い仕事をしているのだろう。

私も、尊い仕事がしたい。 いや、今すでにそう仕向けている。

自分が発掘したモノ・コト・ヒトの可能性を引き出すことが

自分の役目だと思っています。


そして、いろんな可能性を結集させたSoare Japonは、

これからも尊いブランドであり続けたいなと、

深く心から思うのです。

山口さんの生き様には到底かなわないけれど、

私の道は間違っていないな、 と、あらためて背中を押された気分でした。 最後に握手と、 愛用のマザーハウスの名刺入れにサインしてもらいました♡ これで当分、頑張れそうです!!


Miki

最新記事

すべて表示

【コラム】結局はLOVE(西粟倉村での学び)

最近、自治体初のICO、仮想通貨、トークンエコノミーで話題の岡山県西粟倉村。 映画「おだやかな革命」の舞台でもあります。 ちょうど先週末に西粟倉村のスタディツアーに参加し、 起業家や役場の人達のお話を伺ってきました。 普段は気ままな行き当たりばったりの自由な旅を好む私ですが、 なぜだか、西粟倉村のスタディツアーには行かねば!! という謎の使命感がわき起こり、勢いで参加を決めました。 結果、行って大

STAY CONNECTED

  • Facebook
  • Instagram

BE OUR FRIEND

​NEED ASSISTANCE?

お問合わせ先​

info@soarejapon.com

 

    © 2020 by Soare Japon