2019年の抱負

さて、前回の記事が前置きでしたので、

本題に入りますね。


昨年立ち上げたSoare Japon。

色々な思いを込めたブランドです。


1年目はとにかくブランドとしての可能性を探ること、

ブランドの存在を知ってもらうことを意識しました。


様々な場所のイベントに出展して認知してもらいつつ、

お客様の反応からこのブランドがどう社会に貢献できるかを

探った1年となりました。


そして、ブランドのネーミングでお分かりの通り、

海外を意識したブランドです。


日本の素晴らしい技術と美を、

異国の人達に知ってもらいたい。

着物や古布を日常に寄り添える形で、

身近に感じてもらいたい。

Authentic Japanを届けたい。


今年2019年は特にその部分を実現させたい!と、

年明けとともに思い描いていました。


そして今、現在進行形で

とってもワクワクするような企画を進行中です。

自分でもびっくりするほど、突き抜けた企画です。


詳細はまだお伝えできませんが、

自分の思いが具現化されそうな予感に

心が踊る日々です。


あのとき一歩踏み出してよかった。

過去の無謀な自分を褒めてあげたい日々です。


というわけで、今年はSoare Japon、

突き抜けていきたいと思います!!!

乞うご期待ください。


Miki



最新記事

すべて表示

ブランド設立への想い③アートとしての価値

Soare Japonは作品です。商品という言葉はふさわしくないな、と思います。 きっと利益第一主義ではないからでしょう。 勿論、購入の際に値段はつきますが、それは買っていただいた方に 幸福と心地よさを味わっていただくための保証みたいなものだと思います。 Soare JaponデザイナーN氏は言います。 ビンテージ着物の生地・柄・色そのものが唯一無二で美しくて、生地探しは美術館巡りのようだ、と。

ブランド設立への想い②大量生産・大量消費社会の終焉に向けて

物がありふれすぎている今の世界に憤りを感じていました。 増えては捨て、流行りが終われば見捨てられる、の繰り返し。 そんなインスタントな世の中にうんざりしていました。 でも、うんざりしているだけじゃ何も変わらない。 何か自ら行動を起こし、世界をひっくり返したかった。 そしたら、タイミングよく着物リメイクの素晴らしさに出会えたのです。 これは私のやりたいことすべてが詰まっていると思えました。 実は、ブ

STAY CONNECTED

  • Facebook
  • Instagram

BE OUR FRIEND

​NEED ASSISTANCE?

お問合わせ先​

info@soarejapon.com

 

    © 2020 by Soare Japon